2013年11月27日 (水)

ノダマップ「MIWA」

9.11以降、一貫して政治的メッセージ性の強い作品を発表し続けてきた野田秀樹の最新作は、美輪明宏の半生をテーマにしたファンタジックな娯楽作品となりました。

十余年たって、彼の中でもひとつ区切りがついたのかなという感じ。にぎやかで夢々しい舞台は9.11前に戻ったようではあるけれど、もちろんそうではなくて、この12年を踏まえて一つステージを上がった上での新しい回帰であるはず。

そう考えると、私たちは歴史的な大事件が稀有な才能に与えた衝撃と影響の結果をこの間まさにリアルタイムで見てきたんだな。当初はその変化に強い違和感を覚えて戸惑ったのを思い出します。凡人たちはそうやって天才の作品を通して世界の変化を受け取るのね。

さて、役者陣ですが、MIWA役の宮沢りえはとにかくキレイで、まさにハマリ役。「美少年」という呼称がこれほどしっくりくる女優さんはいません!
思えばりえちゃんも9.11以降にノダマップに加わった人で、この10年での成長はほんとにめざましいものがあります。私りえちゃん好きだから~(*´艸`*)今回も大満足!

そのMIWAと一心同体のアンドロギュヌスを演じる古田新太はもういまさら言うことなし。舞台で見るとすごくかっこいいのがいつ見ても不思議(笑)

初参加の井上真央と瑛太は収穫!特に井上真央ちゃんは声もいいし華もあって、なにより長崎弁が超かわいかった(*´∀`)
瑛太の第一印象は「マジで顔ちっさ!」ですが、こちらはテレビで観るとおり実力十分。そしてテレビで観るよりもずっと存在感がありました。
最近の若い俳優さんたちはほんとになんでもこなすな~。

MIWAを中心にストレートな半生記で、りえちゃんと古田新太以外は豪華キャストもぜいたくな部分使い。でもそのぶんきらびやかで刹那的な雰囲気が楽しかったです。

しかしその中でも、長崎原爆投下の場面は圧巻。かつてあれほどまでに象徴的でわかりやすく強烈な原爆投下の描き方があっただろうか否否否。
短いひとつの場面だけれど、あれを観られただけでも足を運んだ価値があったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

宅配便の人

今朝10時ごろに宅配便が来て、ふとんから飛び出して受け取りに出たら、寝ぐせでボサボサの私の髪を見た宅配便のおじさんが「あっ、お休み中のところ申しわけありません!サインお願いします!」

確かにお休み中だったけど、そういえば今日は日曜日だけれど、でもそういうことは言わなくていいとおもうの。プロの宅配便ドライバーならば、玄関に出てきた人がたとえ寝起きだろうとパジャマだろうと着ぐるみだろうと裸エプロンだろうと動じることなく「こんにちは!サインお願いします!」とにっこりしてほしいの。

寝てましたね!とか変な格好ですね!とかいう反応されたらこっちだって気になるし。髪を整えて服も着替えないと荷物の受け取りに出られなくなっちゃうじゃん。

いやむしろここで「そうなのよごめんなさいねーこんな格好で。日曜だから朝寝しちゃってオホホ」とかトークをかますのが中年主婦のスキルだったか。

まあ寝ぐせ頭で荷物の受け取りに出るくせにいちいちそんなこと気にすんなって話ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

真央ちゃん…!

集大成と決めた五輪イヤーに浅田真央が選んだフリープログラムはラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。振り付けはタチアナ・タラソワ。

これを聞いた時には息をのみました。そして思わず泣いた。真央ちゃん…!

バンクーバー五輪シーズンのフリーも同じラフマニノフの「鐘」、同じタラソワコーチの振り付けでした。難易度の高い構成と重いイメージを危惧されつつも真っ向から取り組んで、あのシーズンの真央ちゃんと「鐘」との死闘は本当にすごかった(;_;)

最終的には消化不良で終わった感が否めず、五輪もキムヨナに大差をつけられての銀メダルで幕を閉じる。それまでどんなプログラムも軽々と滑りこなして結果を出してきた真央ちゃんにとって、「鐘」は初めての大きな壁だったと思うのよ。

その後の4年間は知ってのとおりのイバラ道。悩み苦しみ抜いてきた、その集大成として迎える五輪に再び因縁のラフマニノフとタラソワで挑もうとする気概たるや。あの可憐な外見の内に秘められた彼女の強い魂には魅せられざるを得ません。

同時に、それほどまでに「鐘」というかバンクーバー五輪は彼女にとって悔いが残ったんだなと。つらい結果を終わったことと忘れてしまわずに、こうして再び挑戦しあくまでも乗り越えようとする闘志はまさしく真のアスリート。

もうね私、真央ちゃんが滑っている姿を見ているだけで涙が出てしまうの(;_;)
SPの「ノクターン」の夢見るような優雅さの陰にあるこの4年間の彼女の血を吐く闘いを思うと涙で画面が見えません(;_;)
でもがんばって見届けるよ真央ちゃん…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

誤表示?

次から次へとどんどん出てきて、もういいよみんな嘘だったんでしょっていうかみんなせこいよ!と食傷ぎみ。

しかし「誤表示」って言われるたびにイラッとくるんですけども。「誤」とつくと、ついうっかりしてましたみたいな感じだけど、どう考えてもうっかりじゃないですよね。あくまでも「偽表示」って言いたくないなら「表示詐称」とか「誇大表示」とか、とにかくついうっかり感がない言葉を使ってほしい。

最初に聞いたときは、いいホテルのレストランでの話だったから、まあブランド食材ではないにしてもそれなりのものは使ってたんだろうから、そういう意味では実質的には被害ってほどでもないんじゃないの

ぐらいに思ってたんですが(←ブランド信仰が薄いせいもある)、新聞の社説か何かで、いいホテルのレストランだからこそ、使う人にとっては特別な場面だったり記念日の食事だったりするだろうと。そこで「さすがに○○のお料理はおいしいね」とか言いながら楽しく過ごした、その思い出を汚した罪は重い、というのを読んで、なるほどなと。確かにその場合、料理がおいしかったかどうかとは関係なく、その日の思い出自体がビミョーな感じになるわ。。

それにしても、誤表示と言い張る側というのは本当にそれで通用すると思ってるのだろうか。最近こういうふうに、いい大人が臆面もなく嘘を言うのをよく耳にするように思う。

もちろん本人も真っ赤な嘘だと知っているし、世間のほうも嘘に決まってると思って聞いている。なんという茶番。品格も何もあったもんじゃないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月31日 (木)

緑のカーテン4

もう11月になろうというのに、わが家のベランダには依然緑のカーテンがかかっています。というか緑のカーテン的なもの。もう緑ではない。むしろカーテンでもない。

ゴーヤはほとんど葉が落ちて、残っている葉も大部分はくしゃくしゃのカリカリの茶色になっていて残骸感ありあり。

いつ外そうかとタイミングをはかりつつ今日に至っている理由は、まだちょいちょい花がつくからです。

特にアサガオは細々としかし着実につぼみをつけ続けてて、一般的に最盛期と思われる7月ごろにさっぱり花を咲かせなかった反動かしら。

まあそれならそれで気が済むまで咲かせてあげようと様子を見ていたら、9月の台風でいったん終わったかに見えたゴーヤまでもが気を取り直して?ちょろちょろ葉っぱを出して花も咲かせて、ちっさいながらもついに実までつける始末。

これはいったいいつまで付き合ってやればいいものか。
ていうかこのまま置いといたら冬越しするのでは。と思いつつ、全体としてはほとんど枯れているので片づけたい気持ちもあり。とりあえず見守る日々です。

ゴーヤもアサガオもつねに予想を裏切る展開を見せてくれて、本当におもしろい。
緑のカーテンももう終わりだからと9月に新しく購入した萩の存在が薄いです。←虫がついてたので微妙に嫌われてるせいもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

お盆の風習

きのうケンミンショーで見たんですが、山形県の遊佐町の地域では、お盆に軒先に自動車の模型をつるす風習があるそうです。

もともとはわらでつくった馬をさげていたのが、自動車の時代になるにつれ、馬よりも車のほうが速いしご先祖さまも乗り心地がいいっぺということでそうなったのだとか。

なんてやさしいの。

さらによくよく見るとつるされているのは乗用車に限らない。

バスをさげているお宅は、以前は乗用車だったんだけど、だんだんご先祖さまが増えてきたのでこれじゃ窮屈だっぺ。みんなでバスに乗ってこればいいっぺ。ということらしい。

なんてやさしいの。

飛行機のお宅は、じいさんばあさんは生前1回しか飛行機に乗ったことがなかったから乗せてやるべと思って。

なんてやさしいの。

おもちゃ屋さんでポルシェの模型を手にしていた男性は、ばあさんはハイカラな人だったからこういうの喜ぶかなあと思って。

なんてやさしいの!

真骨頂が、紙に包んだ小銭をさげていたお宅。ご先祖さまは運転免許を持っていなかったので、これでなんでも好きな乗り物に乗ってきてねと。

なんて!!やさしいの!!!

にこにこ語るケンミンの皆さんを見てて思わず涙してしまったわ。
軒先にぶらさがるさまざまな乗り物の模型は、亡くなった身内を思う気持ちのあらわれ。ごく自然に故人の生前を思い、今を思いやる姿は本当に素朴で温かい。この町の人たちは幸せです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

Rちゃんが嵐のライブDVDを貸してくれました。
私ずっと昔から嵐の中では二宮くんがいいと言ってたんですが、でも本当はそれほど嵐に興味なくて、二宮くんの下の名前がカズナリと読むことも実は今回初めて知ったのでした。これまでずっと心の中でニノミヤカズヤと読むたびに感じていた語呂の悪さの謎がようやく解消されたのですが、そもそもそれをこんなにも長いこと放置してたぐらいの関心度だったわけ。

だがしかし。改めてDVDを観てみたら、やっぱり私のイチオシはニノだ。ニノしかいない。ていうかニノってこんな天才肌の人だったんだ!好き!!
とテンションが上がり、名前の読み方すらよく知らなかったくせにぶれることなく嵐ではニノがいいと言ってきた自分の選球眼に改めて満足。

もちろんライブの模様はすごく楽しくて元気でたんですが、そうはいっても嵐はやっぱりちょっと健全すぎるというか明るすぎて、ハマるっていう感じじゃないかな~

という感想だったはずなのに、その後なんだか夢には出てくるし、誰と誰が仲よしなのかしらとかずっと考えてるし、この週末は気がついたらニヤニヤしながら「嵐にしやがれ」とか見ていたのでした。

やっぱ嵐おそるべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

あまちゃん

最終回よかったー(;∀;)

私ちゃんと見始めたの東京編のちょっと前ぐらいからだったんですが、特に9月に入ってからはもう好きすぎて、毎日楽しみで落ちつかないので早く終わってくれないかなと思ってたぐらい好きでした!

最終週はまさに毎日がクライマックス!
すんごいいい感じで、これ最終回は泣いちゃうかも(;∀;)とか思ってたらほんとに泣いちゃいました。
北鉄を追いかけて笑顔で走る人々とか、線路上を走る少女2人の後ろ姿とか、ぐっと来たわー。クドカン優しいな。明るさ幸せ大盤振る舞いで、ものすごくいい感じで終わったと思います。すなおにいいもの見たなー、よかったなーとほんわかして、自分も人に優しくなれる感じ。

五輪、朝ドラ、(リニア)新幹線、自民党政治。
ほんと、保守の時代だなあ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

ヴェニスの商人

さいたま芸術劇場で蜷川シェイクスピア「ヴェニスの商人」を観ました。
お目当てはもちろん猿之助のシャイロック。

あのひとまじでほんとにすごいよ!!!

どこからどう見ても老人だったよ。というか私、数年前にここで美人をみた覚えがあるんですけれども。あるときは美人、あるときは老人。ルパン三世か。
しかも、どう見ても老人と言いつつ、実際にまちなかにあんな老人いないからね。つまり、リアルな老人を演じているのではなくて、老人の「型」をやっているわけ。そこはさすが歌舞伎役者というか、彼の場合は演技ではなくて芸なんだと思いました。これぞ芸だよ。

そしてあの強烈な存在感。登場するとぱっと空気が変わって、長い沈黙もポーズも恐れず客の目もそらさない。あれも歌舞伎の人よね~。ていうかけっこう歌舞伎だったよねシャイロック。クチ赤かったし。

そして脚本に忠実な蜷川演出で見ると、

この話まじでほんとにひどいユダヤ人いじめなんですけれども。
あんなに気持ちの優しい男はいないとか言われてるアントーニオさんが、シャイロックのことは公衆の面前で罵倒したりつばを吐きかけたりするって…どういう優しい人なんじゃい!

しかもしかも、例の裁判で負けて呆然としているシャイロックに、財産没収は勘弁してやるからキリスト教に改宗しろとか言うのよ!信じられない!宗教関係ないじゃん!!なんという人権侵害!!
さらには、ふらふらと立ち去ろうとするシャイロックに浴びせかけられる裁判官たちの嘲笑と雑言…。

あまりの残酷物語に、猿之助びいきのSちゃんは隣で号泣していました(ノ_-。)

ただ、全体としてみるとやっぱりこの話の主役はポーシャなのね。出番も多いし。
美人で賢い新妻が機転をきかせて夫のピンチを救う!ついでに強欲なユダヤ人もこらしめちゃうぞ☆ミ って感じで、裁判の後の婚約指輪をめぐるドタバタのあたりは確かにコメディ。

ポーシャは中村倫也くんが演じていて、わたしノーマークだったんだけど、この子がすごくよかったの。最初の登場で、あまりにも見た目がかわいいので、この子がビジュアル担当か(*´∀`)と思ってたらかわいいだけじゃなかったです。

特に裁判の場面からが秀逸で、男性が演じている女性が男装するという倒錯のきわみ(笑)をすごくうまく演じていました。むしろドレス姿のときよりも女の子に見えて、ヒゲをつけて侍女とキャピキャピしてるところとか超なごんだ(*´∀`)

逆に言うと、この芝居ってシャイロックが平板だったらふつうにポーシャが主役の痛快喜劇なんだなと。
今回は中村くんのポーシャがすごく魅力的だったので、猿之助のシャイロックが圧倒的な存在感で悲劇の一矢を突き刺すことによってくっきりと明暗をつくる、すごく印象深い舞台になっていました。

役者がみんな一度は演じたいと思う役だというのもわかります。
舞台の出来はシャイロックの力量次第。そして今回は最高ー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

東京で五輪

あー来ちゃったよ。。わたしイスタンブールを推してたのに。イスラム圏で初の五輪。東西文明の架け橋。いいじゃんね。
それがシリア情勢のとばっちりでなんだか雲行きが怪しくなって、やばいこれお鉢が回ってきちゃうかもと思ってたらやっぱ来ちゃったわ。マドリードが優勢なんて絶対嘘だと思ってたよ。お金なくてEU内でお荷物扱いになってるのに欧州の意向が強い招致委で支持されるわけないだろっつの。

しかし日本も、なぜ今?とどうしても違和感があります。

なんかさー具合の悪い子供がいるし節約しようね、いろいろ大変だけど我慢だよね、とか言ってたはずの夫がいきなり、子供のためにも友達たくさん呼んでパーティーやろうぜ!
と言い出したぐらいの違和感です。←しかも当の子供はそんな喜んでないという。

五輪より先にもっとやることが…的な検討違いの皮肉は言いたくないんだけど、でも私たち震災復興税払ってるのよ。ずーっと払うのよ。この先25年間も払うのよ。原発事故のための費用だって払ってるのよ。これだってずーっと払うのよ。

というか安倍さんが福島第一は完全にコントロール下にあるとか言いきってたけど、あんなこと言っちゃっていいのかね。すでに汚染水だだ漏れで、どこから漏れててどうやってとめたらいいかもわかってないのに何がコントロールできてるのかと。日本人は彼のうそやごまかしの言葉に麻痺しちゃってるけど、国際社会を相手にあんな大嘘ついて大丈夫なのかしら。

正直、いま日本で五輪やろうとか言ってる政治家は自国の現状をまったく認識していないか逃避してるとしか思えません。あの日を忘れないとか絆とか言ってるけど、結局よそごとだと思ってるんでしょ。自粛する必要はないけれど、わざわざお祭りをやる必要もなかろうに。

とはいえ、決まったものは決まったわけで、もうどうしたって7年後には東京で五輪が開催されることになりました。
経済の活性化とかアマチュア&マイナースポーツへの強化とか、プラスになることももちろんあります。7年間で東北の復興を、原発事故をどう道をつけていくのか。心して取り組んでいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«子供の楽園にて