« 「太陽を曳く馬」 | トップページ | スペインGP »

2010年5月 9日 (日)

龍馬伝がせつない

大河がせつないいいいいい

あまりのせつなさに20時からの本放送に続いて22時からのBS放送も見ちゃったよ!馬鹿じゃん私!

でももう我慢できません。かわいそうとか泣くとかじゃなくてさー、もうね、こうね、ギリギリとね、胸を締めつけられるのよ。どこで間違っちゃったんだろうって、ほんとそうだよね武市先生!

幕末ものはこれがねえ。。
みんながみんな、それぞれ日本のために良かれと思って一生懸命動いたのに報われないというか。
新撰組もそうだし、長州藩にしろ土佐勤王党にしろ、信念を持って頑張った人たちが時の流れに翻弄されて、なんでこうなっちゃったんだろう、と理解できないまま散っていくっていうのがねえ。かなしいわ。

しかしそこがある意味、侍の美しさというか。
歴史に飲まれ、結果的には勝者になれなかったけれど、最後まで信念を貫く。まさに散華の美学。
いわゆる「サムライ」のイメージを、現代の私たちはこの時代の人間たちにこそ見るんだと思う。
幕末が人気があるというのはこういうところなんだろうなああ

と思いつつ土佐勤王党の崩壊っぷりには悶えるわ!!

そして現在わたしの中で人気爆発中なのが佐藤健くん扮する岡田以蔵。いや岡田以蔵を演じる佐藤健。どっちだ。もう同一化だ。

ただの仮面ライダーかと思いきやお芝居も上手だったのね。何あの眼力!

武市先生を盲目的に慕うあまり人斬りの汚れ仕事を背負い込んでしまうちょっと頭の弱い子という設定で、容姿の可憐さとあいまって可哀想すぎるのよおおお

激動の時代、バカな奴はいいようにカモられるっていうね。私も気をつけないとね(T_T)

周りにたくさん優秀な人がいるのに、いろいろ言われてもいまいちきちんと意味が理解できなくて、自分でも一生懸命考えるんだけどおつむが足りないので同じところをぐるぐる回るだけ…

か、かわいそううう(T_T)
とにかく逃げてええええ

ってことで、この先しばらく毎週テレビの前で悶絶しそうです。
なんか私ちょうハマッてる(笑)

|

« 「太陽を曳く馬」 | トップページ | スペインGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝がせつない:

« 「太陽を曳く馬」 | トップページ | スペインGP »