« 「ハーバード白熱教室 in JAPAN」 | トップページ | 日本GP »

2010年10月 8日 (金)

日本×アルゼンチン

やっべーアルゼンチンに勝っちゃった

試合前はもちろん予想もしない結果でしたが、試合を見た後では意外でもない結果。ザックジャパンよかったよ!

新チームのお披露目が満員のさいスタで相手はアルゼンチンときたら気分がよくないはずもないんだけど、浮き足立つところはまるでなくて、こないだのW杯のとき同様すごく落ちついて見えました。

つかね、なんかもう堂々としてるっつうの?雰囲気あったわー。
W杯で勝利を経験するとこんなにも変わるものなのかと思ったわ。

気がつけばスタメンのうち実に7人が海外組で、日本もいよいよ南米みたいになってまいりました
それも名前だけじゃなくて、うち5人は所属先でもスタメン張ってるんだから、ほんと代表も変わったわよね~

その海外組ですが、まだシーズンは始まったばかりだけど、長友はすっかりふてぶてしい面構えになってるし、長谷部はさらにたくましくなってるし(←W杯での、自身はブンデスにいるくせに「Jリーグの応援よろしくお願いします」との超優等生的&ビミョーに上からコメントで私の好感度倍増)、うっちーはますますかわいくなってるし(←オイ)、みんな着実に成長してるな!

ベストメンバーで来てくれたアルゼンチン相手に、ひるむことなく自分たちのサッカーができたって感じで、ほんといい試合でした(´∀`)

ザッケローニ監督がイタリア人っていうのもあったのかも。
日本人からするとアルゼンチン代表なんて雲の上の存在って感じだけど、イタリア人から見たら普通に強いチームなだけというか。

「絶対かなわない」みたいな刷り込みや神聖視は多分ないと思うんだよね~。だってイタリア人だし。欧州列強だし。W杯でも優勝してるし。
そういう監督の雰囲気ってたぶんチームに伝わると思うよ。

つか最初、新監督はザッケローニ氏って聞いたときには、へーザッケローニ…って誰?ぐらいな感じだったんですけれども。なんで急にイタリア人?とか。

その後、実はまさに昔わたしが好きだったボバンやレオさまが活躍してたころの強いミランを率いてた監督だと知って、あーそういえばそうだった…

かどうか全然覚えてません(爆)すみません(>_<)

というわけで、今日がほんとに初見な感じだったんだけど、結構よさそうな人じゃない?誠実そうだし。ってお見合いか。

まじめで温厚という評判で、確かに一見そんな感じだけど、試合中とかわりと立ちっぱなしでキリキリ見守ってる感じで私は好きです(笑)

あと、なんか雰囲気が明るいのがいいよ。そこはやはりまじめでもイタリア人だからか(←?)、陰気な感じがしないところがまずはすごくいいと思います。

新生日本代表としてはこれ以上望むべくもない最高のスタート。
次はアウェーで韓国戦なので、ぜひともいいとこ見せてもらいたいと思います。

アルヘン代表については、まだW杯の混乱から立ち直ってないんだなという感じ(-_-)タレントは十分だけど、あれをまとめ上げて機能させるに至ってない。サッカーってデリケートなスポーツです。

あとさー全然関係ないけどメッシがかっこよくなってない?

今まで私の中でのメッシって、サッカーうまいしいい子だけどどうももっさりしてるっつうかポテトフェイスっつうか、ビジュアル的にはあんまりひっかかってこなかったんですが、今日のメッシはなんかかっこよかったわ。ちょっと憂い顔っていうのかしら、あのなんともいえない表情にグッときたわ

現在世界最高の選手と呼ばれ、行く先々で大騒ぎになる大スターだけど、試合に出ないと(チームに)罰金が課されたり、チームが負けるととたんに戦犯扱いされたりで、彼もいろいろ大変よね。
とりあえず、せめてケガしたときには休ませてあげて~。

|

« 「ハーバード白熱教室 in JAPAN」 | トップページ | 日本GP »

コメント

ちと、おひさ。
アルゼンチン戦。いかったぁ~♡

休暇を取ってわざわざロンドンダービーを観に行く、
半端ねぇー金持ち独身中年の顧客とのおしゃべりの中で、
「ひどい試合」と言われた時には、さすがに立場をわきまえず、
むっとして、その後の会話を終わらせてしまった。

滅私(一発目の変換)は、スゴイね。
mega氏言うとおり、ちと垢ぬけたし。
今回の“ファイトマネー”一人で2700万円らしいけど、
ちゃんと魅せてくれるあたり、上手なポテト顔なメッシ(ちゃんと
カタカナ変換)の、サッカーへの愛を感じたね。

それとサポーターさん達が、メッシの魅せプレーに、
逐一好レスポンスで応えているところが、
テレビ観戦者としても、うれしかった。

ザックのことは、デビュー戦前日に、自分の半日ドックがあって、
長い待ち時間の間に、『Number』のザック特集を
読みこんでいたので、
「終わった人」みたいヨーロッパで言われている彼が、
極東の地で、一花咲かせて、凱旋をもくろんでいる
と解釈し、きっとやってくれると信じていたので
その結果に、やはり、かなり、うれしかった。

投稿: べんべ | 2010年10月12日 (火) 23時39分

>べんべくん

ねーよかったよねー (‘∀‘)人(´∀`)
まあ確かにゲームとしてはたいしたことなかったけど(爆)
こういうときは素直に喜んだほうがいいよね~
なんといっても可能性を感じたじゃん!!

しかし日本人なのに水色ジャージ着てるひと多すぎ!
みんなやっぱアルゼンチン好きなんだな~とは思いました。私も好きだけど

ザッケローニ監督ぜったいチャンスだと思ってるわよ。
ダイヤの原石みつけたぐらいな気持ちでいるに違いない。
どう磨くかは腕次第

投稿: mega | 2010年10月13日 (水) 04時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本×アルゼンチン:

« 「ハーバード白熱教室 in JAPAN」 | トップページ | 日本GP »