« 勘三郎逝く | トップページ | StarS »

2012年12月17日 (月)

自公圧勝

なんというか…これほどまでに私の感覚と結果が異なる選挙は初めてのような気がします。正直唖然としていて、なんか私…東京新聞を熟読しすぎてたかしらと思ったぐらいです(´・ω・`)

民主が負けて自民が勝つというのは、まあやむを得ないだろうと。
しかしこんなに自民が圧勝してほんとにいいんでしょうか。

ていうか出口調査の結果で、何を一番重要視して投票しましたかという質問に、原発・エネルギー問題を挙げた人が1割しかいなかったということに驚きました。(←ここが私が東京新聞を読み過ぎたと感じた所以)

なんだよみんな原発反対とか言いながら結局は目先の自分の仕事が増えればいいんじゃん。原発再稼働して大型公共事業やってくれれば、憲法改正して国防軍でもいいと思ってるんじゃんヽ(`Д´)ノ

と衝撃を受けてたんですが、結果をよく見るとまた別の側面が見えてくる。

例えば私の住んでいる東京19区。
当選した自民候補は8万2千票余りを獲得。しかし落選した残り4人の得票数を合わせると16万7千票余りとなります。この選挙区の有権者3人のうち2人は、当選した候補ではない人を支持したわけです。(実際は3位の維新候補は比例で復活当選)

こういうことが各選挙区で積み重なった結果どうなるかというと、
全国小選挙区において、今回自民が獲得した票数の割合はおよそ43%。この後に民主が23%、維新が11.5%、公明が1.5%…と続いて、この比率は、まあそんな感じだろうなと腑に落ちる。

が。その結果獲得した議席数の割合を見ると、自民がなんと79%に当たる235議席に!
そして民主が8.7%(26議席)、維新が4.7%(14議席)と続き、得票数では約88万5千票で1.5%だった公明は3%に当たる9議席を獲得した反面、462万票(7.9%)を得た共産党は小選挙区では議席が1つもとれていない。

比例代表の結果と比べると明らかで、比例では自民は27.8%の得票率で54議席(33.3%)を確保。16.7%の民主は29議席(17.9%)、6.2%の共産党もちゃんと7議席(4.3%)を確保しています。

これぞ小選挙区マジック。全体の4割の人に支持された政党が議席の8割を占めて「民意を得た」とわがもの顔にふるまうのはやはり納得がいかない。

今回の選挙では「一票の格差」が問題にされていましたが、それよりも「死に票の多さ」のほうがさらに大きな問題だと改めて思ったのでした。

|

« 勘三郎逝く | トップページ | StarS »

コメント

今回の選挙は、本当に?の連続でした。
そもそも、以前政治を投げだし逃げた人が総裁の自民が大勝する国家ってどうなんでしょう。
残念ながら自公圧勝は予想できていましたが、自民があれほど得票するとは思っていなかったし、維新だの未来だのは選挙前にいろんな人と連携して、最初の主張はどこかへ行ってしまったし、本当に国民不在の選挙という感じでした。
私の選挙区は、投票したい人が本当に見当たらないと言う感じ。
空白票にしようかと迷って、一応投票はしましたが、民意なんてもうどこにもないんだなあ・・・ということを実感し諦めた選挙でした。
この国に未来はあるのでしょうか・・・。

投稿: ももんが | 2012年12月23日 (日) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自公圧勝:

« 勘三郎逝く | トップページ | StarS »