« 2012年12月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月27日 (月)

小平市住民投票

小平市の都道計画見直しについての住民投票の件。
結果を注目していたのですが、最終的に投票率が規定に達せず不成立、投票用紙は未開票のまま廃棄されることになりました。都内で初の住民請求による直接投票ということで、
小平市民がんばれーと思ってたのですが残念です。

投票率は35%。成立要件とされた50%には届きませんでしたが、投票総数5万1,010、棄権者数9万4,014と聞くと、それだけの数の民意を確認もせずに廃棄してしまうのかとやはり疑問を感じます。

まあ、わが家の愛読紙(笑)東京新聞では当然ながらこの間ずっとこの話題が大きく取り上げられていて、そもそもこの道路計画が60年以上前にできたものだとか、投票の実施が決まったあとで成立要件の50%が後付けされたとか、それを提案した市長が選ばれた前回市長選の投票率が37%だったとかいうことも詳細にリポートされていたので、よけいに疑問を感じてしまうんですけれども。

小林正則市長いわく、住民投票はイエスかノーかを問うものだから人を選ぶ市長選とは違うとのことですが、なんか納得いかないわ。実態が違うというのはわかるけど、だったらなんでこっちは50%以上ないと民意じゃなくてあっちは37%でもいいんでしょうか。ちゃんと説明してほしいです。

だいたい、市内の一部地域に1本道路を通すという計画に、本当に市民全員の意見が必要なのかしら。ひとくちに市民といっても、その地域に行ったこともないし道を通ったこともないという人だってたくさんいるでしょう。たぶん有権者の50%よりも多いと思うよ。

そういう人たちにしてみれば、この計画を見直したほうがいいかとか聞かれてもいまいちピンとこないのは仕方ないんじゃないでしょうか。
もちろん理想をいえば、住民投票の意義を理解して、行政に対する意思表明の権利をきちんと行使するのがあるべき姿なんだろうけど、なかなかそうはいかないものよ。

この結果について、地元選出の高橋信博都議が「予定どおりに計画を進めてほしいという住民の声が多かったということだ」と言っていますが、さすがにそれはずうずうしいぞ。投票に行かなかった人=計画に賛成している人じゃないからね!

投票に行かなかった人はどっちでもいい人なんですよ。この件について特に意見のない、関心がない人なの。いわば空気なの。

逆に言えば、投票した人というのはこの問題に関心がある人で、恐らく計画地の周辺住民であり、道路を使っている人であり、その他この地域と道路計画に関係や関心がある人だということ。
ならばこの投票された5万票こそ真の住民の声、真の民意といえるのでは?

あけてみたら今の計画のままでいいという意見のほうが多いかもしれないのに、それを確かめようとすらしないなんて、市側が最初から逃げ腰だとしか思えません。激おこぷんぷん丸。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

新歌舞伎座

新歌舞伎座こけら落とし公演に行ってきましたー!

ご祝儀価格で一等席は2万円。それを3部公演で3カ月回すって、歌舞伎座…やる気まんまんだな

とか思ってちゃだめ!
まさにこけら落としならではの夢の競演が繰り広げられております。

「伽羅先代萩」は子供が惨殺される話でアレなんですが、さすがにめでたい席では控えめというか抑えめに殺されていました(笑)

政岡の藤十郎さんはさすがにお年という感じよ。声も細いし、膝をつくにもドスンと音がして、やや心配。御年85歳ですものねええ。こうして舞台に立つ姿を観ることに価値があるわ。

敵の八汐は梅玉で、こっちは気迫も存在感もばっちり。顔も怖キレイだった(笑)
わたし梅玉さんって芸も姿も端正でまったく文句はないけど地味よねえとつねづね思ってたんですが、この八汐はよかったわ。地味な人にはこれぐらい強烈なキャラがいいのかもしれないわ(←大きなお世話)

そして「廓文章」は打って変わって明るくたわいのないお話で、とにかく仁左衛門の若旦那がアホかわいい(*´Д`)
いとしの夕霧を気にしてあっちをうろうろこっちをうろうろする姿に、観ているこっちもだんだん期待が高まってきて、いよいよ「来た!」の声には思わずドキーン 若旦那と同じぐらいときめいてしまうのでした。

さんざんじらされて、満を持してスラリとふすまが開くと、現れた花魁・夕霧の玉三郎は夢のような美しさ。客席はためいきとざわめき。
若旦那と花魁がふたり並んだ姿は、本当に絵のようでまばゆいばかりでした眼福眼福
こんなにストレートに美しく並ぶニザ玉があと何回見られることでしょう。これもこけら落としならではの豪華さ。

後から知ったけど、2人を取り持つ太鼓持ちの千之助くんは仁左衛門の孫(というか孝太郎の息子)だったんですね。なかなか達者でかわいい子で先がたのしみです。

あー歌舞伎はいっぺん観るとますます観たくなるのよね~
いくらお金があっても足りないわ(>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

StarS

たいへんお久しぶりですがフツーに萌え話です。

先日、「3大ミュージカルプリンスコンサート StarS」なるものに行ってきました。

3大ミュージカルプリンス…なんだその3大テノール的な大看板は(笑)と思いつつ渋谷ヒカリエに足を運んだのですが、これが予想外に(失礼)とっても楽しかったのでした。

井上芳雄くん、浦井健治くん、山崎育三郎くんという、一般的にはほとんど知られていないと思われるけれどもミュージカル界では人気の高い若手俳優たちのユニットで、まあ若手といってもアラサーの3人なんですけれども。

オリジナルソングも交えつつ、やはり中心になるのは有名ミュージカルナンバーで、でも3人の個性に合った濃いめのセレクトとアレンジでファンのツボを押さえてました。

井上くんの歌った「最後のダンス」なんてぞくぞくするほどかっこよくてぇ~(*´艸`*) ちょっとワルい感じのトート閣下で、改めてあれは名曲!
初めてエリザを観たとき、山口祐一郎さんの「最後のダンス」があまりに衝撃的で、「ちょっ、今のかっこいズピッ」と鼻水が出てしまったことを思い起こさせるかっこよさでした。

そしてなんだかんだで私もけっこうミュージカル観てるなと。ヅカ公演も混ざってますが。Oちゃんいつもありがとう(笑)

で、有名ミュージカルの人気ナンバーということで曲がいいのとプリンスたちの歌がうまいのはまあ当然として、予想外だったのがトークが超おもしろかったこと。曲間のMCを通り越して漫談になってました。
キャラとしては一番年上の井上くんが毒舌ツッコミ、真ん中の浦井くんがボケ、年下の山崎くんがしっかりものの弟という感じで、3人ともよくしゃべるの(笑)

平日の昼間なのに満員のお客さんで…という話題では、井上くんが「ふだん何をなさっている方々なんでしょう」と怪訝そうにつぶやいて、あとの2人がコラコラってなって「ありがたいことですよね」とフォローしたのにさらにかぶせて「もちろんです。ふだんがどうであれありがたいことです」には笑ったわ。

いつも思うんだけど、こうしてグループにしてみると人の個性ってより際立つものよね。人の本性って他人との会話の中にあらわれるものなのですね。
今回の3人は、それぞれキャラも違うし年齢の序列もはっきりしてるせいかすごくスムーズで、企画ユニットとは思えないトークレベルの高さでした。

全体に楽しく盛り上げる感じの演出で、使えるのかしらと思ったサイリウムも大活躍。
ノリのいい曲の後とか、ほんとだったらここで「キャーッ(≧∇≦)」みたいな歓声が入ってほしいところだなと思ったけど、平日の昼公演に詰めかけたお客さまはほとんどが中年女性で(笑)黄色い声も出ないし立って踊る人もいません(笑)

まあ、みんなそもそもがミュージカルファンなので、そういうノリはちょっと違うんでしょうね。確かに、2時間立ちっぱなしはマダムたちにはもうツライわよね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年6月 »