« StarS | トップページ | 小平市住民投票 »

2013年5月21日 (火)

新歌舞伎座

新歌舞伎座こけら落とし公演に行ってきましたー!

ご祝儀価格で一等席は2万円。それを3部公演で3カ月回すって、歌舞伎座…やる気まんまんだな

とか思ってちゃだめ!
まさにこけら落としならではの夢の競演が繰り広げられております。

「伽羅先代萩」は子供が惨殺される話でアレなんですが、さすがにめでたい席では控えめというか抑えめに殺されていました(笑)

政岡の藤十郎さんはさすがにお年という感じよ。声も細いし、膝をつくにもドスンと音がして、やや心配。御年85歳ですものねええ。こうして舞台に立つ姿を観ることに価値があるわ。

敵の八汐は梅玉で、こっちは気迫も存在感もばっちり。顔も怖キレイだった(笑)
わたし梅玉さんって芸も姿も端正でまったく文句はないけど地味よねえとつねづね思ってたんですが、この八汐はよかったわ。地味な人にはこれぐらい強烈なキャラがいいのかもしれないわ(←大きなお世話)

そして「廓文章」は打って変わって明るくたわいのないお話で、とにかく仁左衛門の若旦那がアホかわいい(*´Д`)
いとしの夕霧を気にしてあっちをうろうろこっちをうろうろする姿に、観ているこっちもだんだん期待が高まってきて、いよいよ「来た!」の声には思わずドキーン 若旦那と同じぐらいときめいてしまうのでした。

さんざんじらされて、満を持してスラリとふすまが開くと、現れた花魁・夕霧の玉三郎は夢のような美しさ。客席はためいきとざわめき。
若旦那と花魁がふたり並んだ姿は、本当に絵のようでまばゆいばかりでした眼福眼福
こんなにストレートに美しく並ぶニザ玉があと何回見られることでしょう。これもこけら落としならではの豪華さ。

後から知ったけど、2人を取り持つ太鼓持ちの千之助くんは仁左衛門の孫(というか孝太郎の息子)だったんですね。なかなか達者でかわいい子で先がたのしみです。

あー歌舞伎はいっぺん観るとますます観たくなるのよね~
いくらお金があっても足りないわ(>_<)

|

« StarS | トップページ | 小平市住民投票 »

コメント

玉三郎さんきれいでした。。

そして。
やはり太鼓持ちの千之助くんは調べましたか!
上手だったのでどこの子だろうと私も調べちゃった(笑)。

投稿: 会長 | 2013年5月21日 (火) 18時29分

あれぐらいになると上手へたが見えてくるよね( ´_ゝ`)
幼児はまっすぐ座ってるだけでエライエライだけど(笑)

投稿: mega | 2013年5月22日 (水) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新歌舞伎座:

« StarS | トップページ | 小平市住民投票 »