« ジョギングデビュー | トップページ | ジョギングデビュー2 »

2013年7月 9日 (火)

未婚の母

報道が過熱気味になっている安藤美姫ちゃんの出産騒動。

朝刊の記事で初めて知って、思わず二度見したわ。そう来たかミキティ…!

しかも結婚はしてなくて、相手の名前は非公表って…大丈夫なの?!ていうか大丈夫じゃないよねそれ?!

ということは相手はやはりロシア人コーチ(笑)なのかなーと思ってたら本人全否定で、そう言われると確かに彼はプロだし(←?)そんなへまはしないような気もするし。えっ元プロスケーター?へえーそうだったの、えっこっちも全否定?!

と心配しながら見守っている(?)のですが。

いやーしかし…ううむ。
妊娠出産を極秘にしていたということは、公表すれば大騒ぎになると思ったからだよね。ということは、自分が人気のあるスタースケーターだという自覚はあったわけだよね。人気のあるスター選手が未婚の母となったら大騒ぎになる。とここまではわかっていたはずなのにやってしまうというところが、彼女の弱さというか哀しさというか。

もちろん、スター選手が未婚の母になったって全然いいんだけど、でも極秘にしてたっていうことは、開き直って堂々と「実は母になりまーす」と公表するほどの勇気もなかったわけでしょう。だったら最初から…とぐるぐる回ってしまうのよ (-_-)

本人も母子家庭でいろいろつらいことや寂しい思いもあったようだし、「普通の家庭」に対するあこがれも人一倍強かっただろうにと思うと、やっぱりどうしてこうなったのよと不憫になってしまいます。

まあものすごく余計なお世話というか、何があったんだろうとか相手は誰なのかしらとか、所詮は他人の好奇心に過ぎないんですが。なので、一方で過熱気味の週刊誌の下世話な見出しに、そっとしといてあげなさいよと眉をひそめるのも事実なんだけど。

でも、この場合、「他人」といってもちょっと一般的な意味での他人とは違うわけで。
彼女がまだ十代のころから見守っていて、彼女と彼女のスケートが好きでずっと応援してきたファンという他人。そこまでいかなくても、国際試合での彼女の演技をテレビの前で固唾をのんで見守って、ジャンプの出来不出来に一喜一憂した他人。
そういう大勢の「他人」が、今回のことに驚いたり心配したり理由を知りたがったりするのは、ある程度は仕方ないと思います。
それが人気のあるスター選手だということであって、そういう意味では彼女はやっぱり意識が薄かったのかなと思うの。自分の立場を本当にはわかってなかったというか。←その至らなさがまた不憫なのよ。。

とはいえ、スター選手が未婚の母になって悪いってことは全然ないのよ!
週刊文春がウェブアンケートで「安藤選手の出産を支持しますか?」とかいう質問をしたというのは本当に本当に差別的で腹立たしいわ。
そしてすぐに「ママになって初めての演技」とか「ママさんスケーター」とか言い始めるメディアも本当に本当に時代錯誤でうんざりする。

女性の活躍とか男女平等とか言ってるけど、まだまだ世間は自力で歩もうとする女性に厳しいなと思いました。
私はむしろ今回のことで彼女を応援する気持ちになったよ!こうなったらがんばろうぜミキティ!

|

« ジョギングデビュー | トップページ | ジョギングデビュー2 »

コメント

報道ステーションを偶然見ました。
インタビュー映像の右上にある
「独占 安藤美姫が告白“出産”そしてそしてソチを目指す」
という文字の意味が最初の1分ぐらい理解できませんでした(笑)。

びっくりした…。

投稿: 会長 | 2013年7月10日 (水) 01時50分

びっくりしたけどさーでもでも「意外」ではなくなかった?
なんか…ああそう来たか、みたいな(笑)
真央ちゃんが極秘出産だったらえええええーだけど、
ミキティの場合は意外ではないのよ。それがまた不憫なのよ…

投稿: mega | 2013年7月16日 (火) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未婚の母:

« ジョギングデビュー | トップページ | ジョギングデビュー2 »