« ジョギングデビュー2 | トップページ | ジョギングデビュー3 »

2013年7月30日 (火)

まぶしすぎる一家

英国待望のロイヤルベビーはIt's a boy !
法改正をして王位継承権の男子優先規則がなくなり、男子でも女子でもよかったのにIt's a boy !

初お目見えの様子をテレビで見ましたが、まず驚いたのが、出産の翌日か翌々日にもう退院するの?!ていうかキャサリン妃、まだおなかがまん丸なんですけど!そんなんでもう家に帰って大丈夫なの?!

次に驚いたのが、そのキャサリン妃、瞳はキラキラ、肌はツヤツヤ、髪はサラサラで、ミニスカートにパンプスですっきり立ってて、とても昨日かおととい出産した人とは思えないんですけど!どんな産後ケアなの?!

そんな疑問はともかく、まさに絵から抜け出てきたような幸せな華族の姿でしたね。
若くてハンサムな夫と美しい妻、腕に抱かれた小さな赤ん坊は静かに眠っている。子供の誕生を喜ぶ夫の横顔を見つめて妻は静かに微笑み、夫はバスケット型のベビーシートに入った赤ん坊を軽々と運び、車に装着するとおどけて額の汗をぬぐってみせる。そして妻子を乗せた車をみずから運転して家へと帰っていく。

それは多分ごくありふれた若い夫婦の姿で、ウィリアムとケイト以外にも、たくさんの若い両親たちが同じように初めて生まれた赤ん坊を大事に抱いて病院から帰っていくのでしょう。こんなふうにカメラに囲まれて大勢の見知らぬ人から祝福されることこそないけれど、それ以外は何ら変わることなく、どの夫も喜びをかみしめ、どの妻も幸せに輝いているのでしょう。

そんなある意味普遍的な幸福の姿を見せられて、なんかじんわり泣けてきちゃったわ。
若い男女がみんなに祝福されて結婚して、やがて子供が生まれるという一見平凡なことこそが、実はおとぎ話のように美しいことなんだとしみじみ思いました。

なんかトシのせいか最近こういうところに泣きのツボがあるのよね~
TVドラマのかわいそうな場面とかでは泣かないのにさ~ (。-_-。)

|

« ジョギングデビュー2 | トップページ | ジョギングデビュー3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まぶしすぎる一家:

« ジョギングデビュー2 | トップページ | ジョギングデビュー3 »