« 2013年10月 | トップページ

2013年11月27日 (水)

ノダマップ「MIWA」

9.11以降、一貫して政治的メッセージ性の強い作品を発表し続けてきた野田秀樹の最新作は、美輪明宏の半生をテーマにしたファンタジックな娯楽作品となりました。

十余年たって、彼の中でもひとつ区切りがついたのかなという感じ。にぎやかで夢々しい舞台は9.11前に戻ったようではあるけれど、もちろんそうではなくて、この12年を踏まえて一つステージを上がった上での新しい回帰であるはず。

そう考えると、私たちは歴史的な大事件が稀有な才能に与えた衝撃と影響の結果をこの間まさにリアルタイムで見てきたんだな。当初はその変化に強い違和感を覚えて戸惑ったのを思い出します。凡人たちはそうやって天才の作品を通して世界の変化を受け取るのね。

さて、役者陣ですが、MIWA役の宮沢りえはとにかくキレイで、まさにハマリ役。「美少年」という呼称がこれほどしっくりくる女優さんはいません!
思えばりえちゃんも9.11以降にノダマップに加わった人で、この10年での成長はほんとにめざましいものがあります。私りえちゃん好きだから~(*´艸`*)今回も大満足!

そのMIWAと一心同体のアンドロギュヌスを演じる古田新太はもういまさら言うことなし。舞台で見るとすごくかっこいいのがいつ見ても不思議(笑)

初参加の井上真央と瑛太は収穫!特に井上真央ちゃんは声もいいし華もあって、なにより長崎弁が超かわいかった(*´∀`)
瑛太の第一印象は「マジで顔ちっさ!」ですが、こちらはテレビで観るとおり実力十分。そしてテレビで観るよりもずっと存在感がありました。
最近の若い俳優さんたちはほんとになんでもこなすな~。

MIWAを中心にストレートな半生記で、りえちゃんと古田新太以外は豪華キャストもぜいたくな部分使い。でもそのぶんきらびやかで刹那的な雰囲気が楽しかったです。

しかしその中でも、長崎原爆投下の場面は圧巻。かつてあれほどまでに象徴的でわかりやすく強烈な原爆投下の描き方があっただろうか否否否。
短いひとつの場面だけれど、あれを観られただけでも足を運んだ価値があったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

宅配便の人

今朝10時ごろに宅配便が来て、ふとんから飛び出して受け取りに出たら、寝ぐせでボサボサの私の髪を見た宅配便のおじさんが「あっ、お休み中のところ申しわけありません!サインお願いします!」

確かにお休み中だったけど、そういえば今日は日曜日だけれど、でもそういうことは言わなくていいとおもうの。プロの宅配便ドライバーならば、玄関に出てきた人がたとえ寝起きだろうとパジャマだろうと着ぐるみだろうと裸エプロンだろうと動じることなく「こんにちは!サインお願いします!」とにっこりしてほしいの。

寝てましたね!とか変な格好ですね!とかいう反応されたらこっちだって気になるし。髪を整えて服も着替えないと荷物の受け取りに出られなくなっちゃうじゃん。

いやむしろここで「そうなのよごめんなさいねーこんな格好で。日曜だから朝寝しちゃってオホホ」とかトークをかますのが中年主婦のスキルだったか。

まあ寝ぐせ頭で荷物の受け取りに出るくせにいちいちそんなこと気にすんなって話ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

真央ちゃん…!

集大成と決めた五輪イヤーに浅田真央が選んだフリープログラムはラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。振り付けはタチアナ・タラソワ。

これを聞いた時には息をのみました。そして思わず泣いた。真央ちゃん…!

バンクーバー五輪シーズンのフリーも同じラフマニノフの「鐘」、同じタラソワコーチの振り付けでした。難易度の高い構成と重いイメージを危惧されつつも真っ向から取り組んで、あのシーズンの真央ちゃんと「鐘」との死闘は本当にすごかった(;_;)

最終的には消化不良で終わった感が否めず、五輪もキムヨナに大差をつけられての銀メダルで幕を閉じる。それまでどんなプログラムも軽々と滑りこなして結果を出してきた真央ちゃんにとって、「鐘」は初めての大きな壁だったと思うのよ。

その後の4年間は知ってのとおりのイバラ道。悩み苦しみ抜いてきた、その集大成として迎える五輪に再び因縁のラフマニノフとタラソワで挑もうとする気概たるや。あの可憐な外見の内に秘められた彼女の強い魂には魅せられざるを得ません。

同時に、それほどまでに「鐘」というかバンクーバー五輪は彼女にとって悔いが残ったんだなと。つらい結果を終わったことと忘れてしまわずに、こうして再び挑戦しあくまでも乗り越えようとする闘志はまさしく真のアスリート。

もうね私、真央ちゃんが滑っている姿を見ているだけで涙が出てしまうの(;_;)
SPの「ノクターン」の夢見るような優雅さの陰にあるこの4年間の彼女の血を吐く闘いを思うと涙で画面が見えません(;_;)
でもがんばって見届けるよ真央ちゃん…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

誤表示?

次から次へとどんどん出てきて、もういいよみんな嘘だったんでしょっていうかみんなせこいよ!と食傷ぎみ。

しかし「誤表示」って言われるたびにイラッとくるんですけども。「誤」とつくと、ついうっかりしてましたみたいな感じだけど、どう考えてもうっかりじゃないですよね。あくまでも「偽表示」って言いたくないなら「表示詐称」とか「誇大表示」とか、とにかくついうっかり感がない言葉を使ってほしい。

最初に聞いたときは、いいホテルのレストランでの話だったから、まあブランド食材ではないにしてもそれなりのものは使ってたんだろうから、そういう意味では実質的には被害ってほどでもないんじゃないの

ぐらいに思ってたんですが(←ブランド信仰が薄いせいもある)、新聞の社説か何かで、いいホテルのレストランだからこそ、使う人にとっては特別な場面だったり記念日の食事だったりするだろうと。そこで「さすがに○○のお料理はおいしいね」とか言いながら楽しく過ごした、その思い出を汚した罪は重い、というのを読んで、なるほどなと。確かにその場合、料理がおいしかったかどうかとは関係なく、その日の思い出自体がビミョーな感じになるわ。。

それにしても、誤表示と言い張る側というのは本当にそれで通用すると思ってるのだろうか。最近こういうふうに、いい大人が臆面もなく嘘を言うのをよく耳にするように思う。

もちろん本人も真っ赤な嘘だと知っているし、世間のほうも嘘に決まってると思って聞いている。なんという茶番。品格も何もあったもんじゃないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ