« 宅配便の人 | トップページ

2013年11月27日 (水)

ノダマップ「MIWA」

9.11以降、一貫して政治的メッセージ性の強い作品を発表し続けてきた野田秀樹の最新作は、美輪明宏の半生をテーマにしたファンタジックな娯楽作品となりました。

十余年たって、彼の中でもひとつ区切りがついたのかなという感じ。にぎやかで夢々しい舞台は9.11前に戻ったようではあるけれど、もちろんそうではなくて、この12年を踏まえて一つステージを上がった上での新しい回帰であるはず。

そう考えると、私たちは歴史的な大事件が稀有な才能に与えた衝撃と影響の結果をこの間まさにリアルタイムで見てきたんだな。当初はその変化に強い違和感を覚えて戸惑ったのを思い出します。凡人たちはそうやって天才の作品を通して世界の変化を受け取るのね。

さて、役者陣ですが、MIWA役の宮沢りえはとにかくキレイで、まさにハマリ役。「美少年」という呼称がこれほどしっくりくる女優さんはいません!
思えばりえちゃんも9.11以降にノダマップに加わった人で、この10年での成長はほんとにめざましいものがあります。私りえちゃん好きだから~(*´艸`*)今回も大満足!

そのMIWAと一心同体のアンドロギュヌスを演じる古田新太はもういまさら言うことなし。舞台で見るとすごくかっこいいのがいつ見ても不思議(笑)

初参加の井上真央と瑛太は収穫!特に井上真央ちゃんは声もいいし華もあって、なにより長崎弁が超かわいかった(*´∀`)
瑛太の第一印象は「マジで顔ちっさ!」ですが、こちらはテレビで観るとおり実力十分。そしてテレビで観るよりもずっと存在感がありました。
最近の若い俳優さんたちはほんとになんでもこなすな~。

MIWAを中心にストレートな半生記で、りえちゃんと古田新太以外は豪華キャストもぜいたくな部分使い。でもそのぶんきらびやかで刹那的な雰囲気が楽しかったです。

しかしその中でも、長崎原爆投下の場面は圧巻。かつてあれほどまでに象徴的でわかりやすく強烈な原爆投下の描き方があっただろうか否否否。
短いひとつの場面だけれど、あれを観られただけでも足を運んだ価値があったと思います。

|

« 宅配便の人 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノダマップ「MIWA」:

« 宅配便の人 | トップページ