2008年4月30日 (水)

ほんとうのわたし?

占いにはほめてくれる型と叱ってくれる型があることはご存じかと思いますが、どうせ見てもらうのならほめてくれるほうがいいですよね。いいトシして無駄に叱られたくないわー。

お友達がおしえてくれた「ほぼ日刊イトイ新聞」サイト内の日笠雅水さんの手相観ルーム。自分の手相を見ながらチャートに答えていくことで判定をしてくれます。(リンクは下にあります)

で、さすが「ほぼ日」、すご~くやさしい。(笑)
まさに自分がこうありたいと思う自分であるように言ってくれて、非常ーに元気が出ます。
まあそれはそれで当たってるというか、「自分がこうありたいと思う自分」がなぜか筒抜けになっているという不思議さがあります。やっぱ手相って性格が出るのかしら。。
一方で、自分のてのひらに「パートナー線」と「結婚線」「財運線」のいずれもないことを初めて知ってショックも受けておりますが。ぎゃぼー。

最近はあんまり雑誌の占い特集とかも見なくなったけど、誕生日関連の占いだと大体やり方は同じですよね。生まれたときの星回りだとか、生年月日の数字を足したり引いたりする的な。

だから基本的には判断材料は同じのはずなのに、学生のころは「素直で優しい女の子」的にいわれることが多かったのが、20代も半ばになるとやたらと「自己中心的」といわれるようになり、なんだなんだと思ってた時期があります(笑)

私は魚座生まれなんですが、星座占いでは魚座の女子といえばやさしくて女らしいってことに相場が決まってて、正直子供のころは結構それで暗示をかけられてたところがあるような気がするのよね~。
大人になってその暗示が解けてきたら本当は自己中だったよね!ということなんでしょうか。ってどうなのよそれ。

ちなみに最近では自己中時代も通り過ぎたらしく、「束縛を嫌う理想主義」的に定義されることが多いです。自分史上では自由人時代の到来らしい(笑)

ほめてもらって励まされたい方はぜひこちらでお試しください。
(「ほぼ日」内の「日笠雅水さんのテソーミルーム」に飛びます。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

成分解析ごっこ

最近、巷では成分解析が流行ってるらしいです。
といっても理系の人向けの話ではなくて、
とにかく単語を入れればどんなものでもその成分を教えてくれるという
ネットのお遊びソフトです。

まあ試しにちょっとやってみ。→ 成分解析のページ


ちなみに私の名前を漢字・フルネームで入れるとこんな結果になります。

67%は覚悟で出来ています
18%は野望で出来ています
9%は濃硫酸で出来ています
4%はお菓子で出来ています
2%は心の壁で出来ています


もちろん占いでも姓名判断でもなく、何の根拠もないんですが、
ちょっとニヤッと来ましたよ。

ていうか覚悟と野望で9割近いって。キャラ濃すぎじゃね?
ちょっぴりお菓子でできてるところはオンナノコらしくてカワイイんですが、
その倍以上の濃硫酸が入ってるとこが笑えます。わずかに心の壁もあるし。

たわいのない遊びですが大流行りらしい。そういえばこないだ
日刊スポーツでもやってたなあ。
(→スポーツ新聞で流行を知るって・・・オッサンか。)
結果を見てアレコレ(勝手に)想像をめぐらせることができるのが楽しいんでしょうね。ちょっとおみくじに似てます。

実はわたくし、おみくじの言うことにはかなり真剣に耳を傾けますの。
特に浅草寺のおみくじときたら神レベルなのよ!(神だっつの)
いやーイイこと言うわよ神様っていつもいつも。

よくおみくじを運だめしという人がいますが、大吉とか小吉とかは
あんまり関係なくて、
あそこに書かれている短い示唆の中から、自分が求めていた言葉や隠していた感情を拾い出すとこに醍醐味があります。(←真剣すぎ)
占いよりもシンプルだし、ある意味ぜったい矛盾が出ないし。
自分の中にあるものを喚起してくれるので、私はおみくじがスキ。

| | コメント (6)

2006年4月11日 (火)

うちのミラクル

我が家は6人家族にもかかわらず、
生まれ月が誰ひとりカブってません。
しかもけっこうバラけて配置されているため、
ほぼ2カ月に1度はだれかのお誕生会をやっているという
ご陽気な家庭だったのでした。

干支もバラバラだし、おかげで占いやってもみんな違う結果が出ます。
我が家の個人主義は意外とこんなところに理由があるんじゃないかと思ったり。

でも考えてみたらプチミラクルなのかも。
4人家族でも「お父さんと私は5月生まれ」とか、
1人っ子なのに「両親は9月生まれ」とか、
意外とカブってますよね、家族の生まれ月。


しかし我が家の最大のミラクルは
4人姉妹の誕生日が全員同じ曜日になることです。
閏年のときだけ1月生まれの妹が1日ずれますが、
今年はみんな水曜日だし、来年は木曜日。

最初は単純に、へーうちってみんな同じ曜日に生まれたんだーと思ってたんですが、
産んだ当人(母)の「そうじゃなかった気がするけど」という一言により
大紛糾。
そして、実際に生まれた曜日はみんな違うことがわかったのです。

じゃあどうしてこうなるのかというと、
たまたまその年の姉の誕生日と同じ曜日に私が生まれて、
(以下繰り返し)となったわけなんですね。

紆余曲折の末、下の妹がこの法則を発見し、
父からOKが出たときには(←うちは難しいことはおとうさんに聞く)
家中が、おお~ミラクル~という驚きと満足感に包まれたのでした。
だってすごくない?すごいよね??

*****

自分の生まれた曜日が気になってきた人はこちら。占いつき。

| | コメント (1)

2006年3月 3日 (金)

しろくまのピース

しろくまの「ピース」を知っていますか?
99年に愛媛県立とべ動物園で生まれ、日本で初めて完全人工哺育に成功したホッキョクグマで、NHKでも特集番組が組まれてました。

担当飼育員さんの苦労や猛獣ゆえの難しさなど、ドキュメンタリーとしてもたいへん興味深いのですが、
とにかく幼いころのピースがめちゃくちゃかわいい。ふわっふわ。
まさに動くぬいぐるみ。

NHKの番組だし、プロの飼育員さんの目線だから、これ見よがしな
かわいいでしょ攻撃はしてないんだけど、
それでも愛くるしさダダ漏れ
かけぶとんの上に手を出してあお向けで寝るんだよ!

写真家の岩合光昭さんは野生動物を「かわいい」と言いたくない派だそうですが、
(私も同意見。テレビとかで動物をやたらと「カワイイ」とするのはどうかと思う。)
ホッキョクグマのこどもを撮ったときは、「かわいい」と言うほかに言葉がなかったそうです。
それぐらいかわいいのです。


・・・しかしヤツらは何のためにかわいいんだろうか。
動物の赤ちゃんがかわいいのは、見るものの庇護欲をかきたてて
生存率を高めるため、とか聞いたことがあるけど、でも野生のホッキョクグマには天敵とかいないよね。
誰に対してかわいくしてるんだろう。

ペットがかわいいのはわかるのよ。イヌとかネコとか、最初から愛玩用につくられた動物は、まあ見た目が命だからな。


しかし、たとえばジャイアントパンダとかレッサーパンダも姿がかわいいとされていますが、
あのひとたち、すんごい秘境に棲んでるんですよ。人間の住む村から何日も歩くような。
そんな、誰の目にもふれないところでかわいくしてる理由がわからん。


彼らに限らず、ライオンでもキリンでも、やることといえば餌をとって食べるだけ&次に子孫を残すだけだし、野生の動物って何のために存在してるんだろう。
イヤ否定は全然してないよ!動物は大好きなんだけど、でも「何のためにいるのか」と考えると、
なんというか、ふと宇宙の深淵をのぞき込んでしまうのよ。


**********

かわいいピースが見られるとべ動物園のサイトはこちら

| | コメント (0)