2011年9月27日 (火)

郊外生活

週末、作陶をしている友人の展示会に行きました。
ことしは「つくる器 つかう器」というコンセプトで、地元のバーとコラボして作品を展示&実際に使用してもらうという企画。

地元というのはズバリ千葉県市川市。というとアレですが(何だよ)、駅でいうと東西線の行徳駅です。

で、この「地元のバー」こと「Bar SNARKY(スノーキー)」というお店が、緑ゆたかな駅前公園と大きな噴水を目の前に見る超グッドロケーション。
ふだんはランチはやってないそうですが、この企画のためにカレー、パスタ、ガレット(そば粉クレープ)の3品を提供。その他のフード類も気が利いてて、昼間からテラス席でがぶがぶワインを飲んでしまいました(笑)

今回参加した陶芸のお友達もほとんどが地元民で、こちらのお店も常連さんの紹介とのこと。やってくるお客さまも、私たちのように電車で来た人ももちろんですが、ベビーカーを押して来たり家族そろって自転車でやってきたりと和やかムード。

大きな木々が年数を感じさせる公園には家族連れや犬を連れた人たちが遊び、しゃれたお店のテラスで秋空を眺めながらワインをがぶ飲み、いえ楽しみ、偶然前の道を通りかかった地元の友達が声をかけてくる。

思わずうらやましくなる充実した郊外生活。
なんだよ行徳のくせにー!いいなあオイ!(笑)

同じ?郊外でも、私の住む東京都練馬区某駅はもっとこう…空間が広いというか。なんにもないのよね~。前に住んでた中野区とはだいぶ趣きが違っていて、23区といえどもいろいろなんだなとこの年になって初めて知ったわ。。

一例を申し上げれば、うちの近所には練馬区最大をうたうツタヤがあるんですが、ここしばらく「水曜は半額セール」をやっていたの。で、重ねて週末に「土日は100円セール」をやったの。
その日曜日の夜遅くにDVDを借りたら、なんとあの青い貸し出し袋が出払ってしまっていて、ふつうの販売用のビニール袋にレシートを貼り付けたものに入れてくれたのでした。

ちょ、貸し出し袋がなくなるって!みんなどんだけ借りてんだよ!
つかほかに娯楽はないのか!!!

駅前の本屋さんでは、練馬区のガイド本に「なんにもないけどホッとする…練馬区特集!」という手書きポップが立ててありました。
ああみんなわかってるのか…ならいいか…いやどうなのか!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)