2012年7月 3日 (火)

ユーロ2012 その15

今大会の決勝カードはスペイン×イタリア
グループリーグで引き分けた好試合を思い、どんな試合になるのかしらと大きく期待は膨らみましたが、結果はまさかのスペイン圧勝!なんと4-0!

とはいえ少なくとも前半はまったくのイーブンだったと言っていいと思うの!
ポルトガル戦で薄氷を渡ったスペインはきっちり修正してきた感じで、スペースをつぶされないためにはスペースをあけない作戦?を展開。なんかみんなすごい近くにいる(笑)その間にイタリア選手も入ってくるから、試合開始後しばらくはつねに画面の中に20人ぐらい人がいる感じだったよ(笑)

スペインが細かくパスをつなぎ、でもイタリアも果敢にボールを奪う。ボールを持てさえすればいいとこまで上がっていけて、どちらが先に自分のリズムをつくるのか、主導権争いが続く。

あっという間に前半が終わってみたら2点の差がついてたけど、それが不思議に思えるぐらい拮抗した内容だったのよ。

ていうか私、スペインとイタリアか~どっちが勝ってもいいな(*´∀`)とか思ってたけど、スペインが先制したときにちょっとがっかりしたのでほんとはイタリアに勝ってほしかったのかも。。

それでも、息つくひまもないハイテンションな展開は波乱含みで、さあ後半イタリアがどう出るか。プランデッリ監督は速やかにFWを替え、そのディナターレがいきなりビッグチャンスに絡むと、まだまだこのままでは終わらない予感…

だったのに、後半15分、交代で入ったばかりのモッタが負傷退場。
って、あれ?モッタって3人目の交代じゃなかった?Σ(゚д゚;)

事実上、勝負はここで決まったわ…
スペイン相手に10人じゃどうにもなんないわ…

そこから先はなすすべもなく。イタリアもよくがんばってたけど反撃のチャンスはなく、終了間際に2点追加されたのもやむなしでした。

ああなんていうかホント、どうしてこうなったって感じ。うまくいってたのに。もっとやれるはずだったのに。みんなちゃんとやっていたのに。勝負をかけての早めの交代だったはずなのに、警告ではなく負傷で人数を失うというのがせつないわ(;_;)

しかしこれも運命。

スペインは史上初のユーロ連覇で、あいだに南アW杯の優勝を挟み、この4年間で3回のビッグタイトル獲得と、まさにサッカー界を完全制覇。すんごいわ~(*´∀`)

表彰式後のセレブレーションももうみんな慣れっこな感じだけど、やっぱ選手たちが喜ぶ姿は何度見てもいいわよね(*´∀`)

そしてブフォンの放心、ピルロの涙、ボヌッチの号泣(←やっぱいいヤツ)、バロテッリの泣き顔には胸が痛んだよ。。
わたしやっぱイタリアが好きだわ!(と最後に告白)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

ユーロ2012 その14

ドイツ×イタリア。まさに「欧州選手権」って感じよね
欧州のみならず世界のサッカーシーンにおいても屈指の強豪国同士の対戦ですが、実はドイツは主要な国際大会のトーナメントでイタリアに一度も勝ったことがないんですってよ奥様。意外じゃないこと?これもまた歴史ある名門同士の因縁ってやつね。

試合前はいったいどんなゲームになるのか予想もつかなかったけど、あけてみればイタリアの快勝。
という結果を見てみれば、そんなに予想外でもない気もします。でもドイツが勝っててもそう思うと思う(笑)まああれだ、ここまできたらどっちも勝利に値するチームなのよ!

とはいえ、ざっくり言うとやっぱイタリアのほうが巧かったかなあ。
序盤、ドイツにワーッと来られたときはちょっと混乱してたけど、全体をとおしてすごく落ちついてて、終始主導権を握ってました。

攻められてても試合をリードしているように見えるのは(実際してるのは)守備のチームならではよね~。もうホント、あの落ちつきっぷりったら。ペナルティエリアでもフツーにスライディングするからね。見てるほうがヒイッ((;゚Д゚)))てなるからね。

あとブフォンの神セーブ連発も効いたわ~。
同世代のチームメイトたちが次々に代表を去り、そしてブフォンが残った。って感じで、存在感ありすぎ。頼りがいありすぎ!(≧∇≦)
あのブフォン兄貴が当たりまくってシュートをビシバシはじき出してくれたら、そらもう負ける気しないわ~

そしてバロテッリの鮮やかな2ゴール。
彼はどこへ行っても素行不良が問題になるけど、それでも監督たちが使わずにいられないのも納得。あれは遅刻の罰で試合に出さないにはすごすぎるよ。

でもそういえば少なくとも今大会ではバロテッリがどうしたこうしたって話は聞こえてきてないよね?アイルランド戦でゴールを決めたときに何かわめいてボヌッチに思い切り口をふさがれてたけど。(←後でボヌッチがそのことを聞かれて「ほら、彼って本能的な男だからさ。なんて言ってたかって?彼は英語でしゃべってたからボクにはわからなかったよ」とかすっとぼけてて笑えた(´∀`)ボヌッチいいやつ。

むしろカッサーノとは仲良さそうだしほかのチームメイトともよく話してるし、日ごろの評判を知らなければ才能あふれるフツーの若者に見えるよ。よく見ると顔も結構かわいいし。奇行やら暴言やらいわれるけど、すべては若さゆえの未熟さなのねきっと。

と思わせられるぐらい、彼のプレーには説得力があります!
どうか心をいれかえて、コンスタントにすばらしいプレーを見せてください。とマンCのためにも祈っときます。

無情にも終了の笛が鳴り、ピッチに次々ひざをつくドイツ選手たち。
泥だらけの白いユニフォーム、悲嘆にくれるシュバイニー、ラーム、ミュラー…

この光景はどこかで見た…と思ったら、ついこのあいだのCL決勝じゃんΣ(゚д゚;)
バイエルンの敗戦に続き、ドイツ人には再びの悲劇となりました (-人-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーロ2012 その13

皆様ユーロ2012は終わってません!終わってませんよ!

週末は私的イベント目白押しで、準々決勝の4試合をほとんど観られませんでした。

もうさーわかってたけどさー準々決勝を観られないとかさーあり得なくない?ベスト8の対決ってさー大会の一番おいしいとこじゃん?準決勝よりむしろ準々決勝を観るべきじゃん??!

というわけでなんかこう、わたし的に若干モチベーションが下がってしまってたわけですが

準決勝のポルトガル×スペインにはしびれました(≧∇≦)

スコアレスの120分だったけどあっという間だったよ!ほんとポルトガルはあと一歩だった~ほんのちょっとツキがなかった、ただそれだけ!

QFでチェコを下し、ロナウドもゴールを決めて調子を上げてきたポルトガル。スペインで活躍する選手も多くて、つかこの2国はやっぱ切っても切れない関係よね。お隣だしね。

スペインのQFの相手はフランス。私この試合は、スペインが冒頭からまったく危なげなくぐるぐるパスを回してるのを見て、こりゃ問題ないと思って前半で寝ちゃったんでした。←予想どおり2-0。

やっぱスペインにはパスを回させちゃいかんのよ。あの華麗なパスワークを見ているとみんなついポーッとなってシュートを決められてしまうのよ。気がつけばきれいな蜘蛛の巣をかけられて、勝利を絡め捕られてしまうのよ。

ポルトガルはスペインにボールを持たせつつもパスを回させない。もちろん人にも行ってたけど、むしろスペースをつぶす感じ?わたし戦術的なことはよくわからないんですけど、とにかくなんだか非常ーにうまくやってました(←ものすごくざっくり)

スペインはほとんどフィニッシュに持ち込めず、全体としてはポルトガルのほうが決定機はつくってた印象。でも最後の最後にロナウドがシュートを外したのは、やっぱこう、し慣れないガマンをし続けたゆえという感じがしたわ(笑)

PK戦はほんとにドキドキで、もう朝の6時過ぎだっつうのにあんなにドキドキさせられるとその後なかなか眠れないのでほんとやめてほしいんですけど(T∀T)

QF4でのイングランド×イタリアは、試合中も終始優勢だったイタリアがPK戦をものにしたけど、そういう意味ではこの試合はより多くの決定機をつくったポルトガルのほうが涙をのむ形になりました。

でもGKはカシージャスくんだしなあ。やっぱああなるとスペインのほうが勝ちそうな気がするよね。で、みんながそう思うとやっぱスペインが勝つのよね。。

最大の危機を乗り越えた王者スペイン。ユーロ連覇が見えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

ユーロ2012 その12

イングランド(勝ち点4)×ウクライナ(同3)
わたし的には開催国ウクライナにもイングランドにも上がってほしい
(>_<)

しかし引き分けで十分のイングランドはしっかりアウェーの戦い方。ようやくルーニーも登場で地に足がついた感じ。

そう、ようやくルーニーが!予選のときの暴言だか暴行だかでこの2試合を出場停止になってたルーニーが戻ってきたのよ!

これでやっとルーニーの頭髪についてコメントできるわ!(←そこかい)

あれって伸びるの?伸びないよね?いくら最新技術でも植毛した髪は伸びないんだよね?ってことは足してるの?継続的に長いのを増やしてるの?!

とものすごく興味津々なんですけども(爆)
だって伸びてるんだもん。なんか前髪スッと横に流してるんだもん。どうしても気になっちゃうんだもん!

やーそもそも植毛っつうのもね。いやわかるよ。わかるというか、あー実はけっこう気にしてたんだーみたいな。「オレはまだ26で禿げてんだよ!植毛して何が悪い!」って言われたら思わず涙が出るけどさ~

べつに髪の毛なくてもよかったと思うんだけど。似合ってたし(爆)
ある意味スペシャル感があった?し、また一方ではあの童顔とあいまってなんか赤ちゃんみたいでかわいかったと思うのよ。

髪の毛はやしたら普通になっちゃって、カリスマ性が消えちゃった気がするの。まああくまでも外見の話ですけど。でも私の心の視界から消えてしまったのよ。普通なんですもの。

と私がぶつぶつ言ってるうちにそのルーニーが先制ゴール!
半分はジェラードのクロスの得点だけど、さっすがエース!

というかほんと、今日のイングランドはすごく落ちついてプレミアでのアウェーの戦い方をしてて、つまり受けて受けて受けて、少ないチャンスで確実に得点するというスタイルをきっちり通してました。

もちろんウクライナはホームの戦い方で、ボールを保持してとにかく攻める。惜しい場面も何度もあったんだけど、最後は決定力だなあ。シェバも後半25分からだったし。

でもこういうシンプルなスタイルでやったら、やっぱイングランドに歩があるよね。だってこれが彼らの一番得意なサッカーですもの。

というわけで1-0でイングランドが勝利したんだけど、真のサプライズは裏のスウェーデン(勝ち点0)×フランス(同4)にあったのでした。

すでに2敗で敗退を決めているスウェーデンが意地と誇りの2-0勝利。イブラのゴールはほんと「飛び道具」という言葉がぴったりだったわ。

フランスがスウェーデンに負けたので、これ、もしウクライナが勝ってたらウクライナが決勝T進出だったんだよ!

ああ終わってみないとわからないグループリーグ最終戦…やっぱり劇的(ノд・。)

*****

D組最終結果
1.イングランド(勝ち点7) 2.フランス(同4) 3.ウクライナ(同3) 4.スウェーデン(同3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

ユーロ2012 その11

どっちを見るか決めかねるC組最終戦。
クロアチア×スペインなんて絶対見ごたえあるだろうし、イタリアがほんとに首尾よくアイルランドをくだしてグループリーグ突破を決めるのかも見届けたい。というかステキなアイルランドサポを見納めたい。ああどうしよう~

と迷った挙句クロアチア(勝ち点4)×スペイン(同4)を選択。公式戦では初の顔合わせだというし、クロアチアが王者を相手にどんなふうに戦うのかやっぱ見たいじゃーん

そしたらものすごく重い試合でした( ̄▽ ̄)

なんかこう…異様な緊張感がただよっててですね。静かに激しいというかがっぷり四つというか。クロアチアが大きなてのひらでスペインの小さい人たちを上からがしっと押さえつけてるような重苦しさでですね。
ずっとスペインがボールを持ってるのに、ほとんどフィニッシュには持ち込めなくて、もうとにかく!息詰まる試合だったよ!

実はこの試合、2-2以上で引き分ければイタリアの結果に関係なく両者ともに決勝トーナメントに進めることになっていて、戦前には例によってイタリアのメディアが「あいつら談合するんじゃね?」とかまことしやかにささやいて心理戦を繰り広げていたのでした(笑)
つかそれって前フリ?前フリなの?

そうはいっても2-2なんてねえ。いくらなんでもそんなにうまく…いやこの顔合わせならフツーにあり得なくもないかも?!

となんとなく罠にはまったような気がします。見てるほうもやるほうも。

それでこっちがじりじりしてんのに、肝心のイタリアはなかなか点取らないし~。アンタたちが勝たないことには成り立たないのよ!早くしなさいよ!(←もしイタリアが引き分けた場合にはこっちは0-0でも両者○)

結局やっとイタリアが先制したのは前半35分。んもー

しかしクロアチア×スペインは後半に入っても均衡はやぶれず、つかイタリアだってたった1点のリードで、うっかり追いつかれたらそれで万事休すなんだし

ってよけいなこと考えすぎたわ!ヽ(`Д´)ノ
もう疲れた!

そんな試合終了直前になって、スペインがついにワンチャンスをものにする!
よく守っていたクロアチアだけど、さすがに前半からかなり走ってて、最後の最後で穴があいてしまった感じ。

クロアチアは最後のセットプレイではGKまで出てきて捨て身の攻撃だったけど時すでに遅し。
一方のイタリアは最後になって追加点を上げる小憎らしさ(笑)で、終わってみれば予定どおり?スペインとイタリアがグループリーグ突破を決めたのでした。

あーもうイタリア、めんどくさいわー ( ̄▽ ̄)

*****

C組最終結果
1.スペイン(勝ち点7) 2.イタリア(同5) 3.クロアチア(同4) 4.アイルランド(同0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

ユーロ2012 その10

ポルトガル(勝ち点3)×オランダ(同0)
グループリーグ突破には2点差以上の勝利とデンマークの敗戦が必要という崖っぷちのオランダ。ポルトガルとの最終戦は「激戦必至」「死闘覚悟」とメディアは盛り上がってたけど、正直…どうかなと…。

それでも、前半11分にファンデルファールトが見事な先制ゴールを挙げたときには「よかった~まだやる気あるっぽい(;∀;)」と思ったんだけど(爆)

気持ちが前に行きすぎて若干後ろがおろそかに…。わずか5分後、ロナウドの今大会初ゴールで追いつかれると、その瞬間からなんかもう…目に見えて…何かがオランダから抜けていったわ…(;∀;)

あれ何なのかしらね…。変わらず走ってるんだけど、シュートも打つんだけど、集中力?闘志?なんかこう、オーラがないのよ。全然。

あとはもう予想どおり。淡々と時間が過ぎていき、やがて後半29分にはロナウドが試合を決める逆転弾。まだ残り15分あったけど、「終わった」と思ったよ…たぶん誰もが(爆)

結局オランダはまさかの全敗。2年前の南アW杯で準優勝だったのが信じられないわ。。
まあでも、ファンマルバイク監督のサッカー、地味だったしな…(爆)
やっぱオランダは華々しく攻撃的なスタイルでこそ輝くというか!輝いてほしいの!

一方のドイツ(勝ち点6)×デンマーク(同3)は、追いすがるデンマークを最後に振り切り、ドイツが全勝でグループリーグを終了。
たぶん3勝で上がるのは16カ国中ドイツだけだと思います。スゴイ。
全敗で終わるのはオランダと…えー…あそこかな…(爆)

*****

B組最終結果
1.ドイツ(勝ち点9) 2.ポルトガル(同6) 3.デンマーク(同3) 4.オランダ(同0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーロ2012 その9

いよいよ最終3巡目。
ここからは2試合同時キックオフなので、A組はギリシャ(勝ち点1)×ロシア(同4)の試合をチョイス。

この組は大混戦になってて、ここまでわずか勝ち点1のギリシャでさえこれでロシアに勝てば決勝トーナメントに上がれるのでした。

まあでも相手はロシアで、ちょっと厳しいかなと思いつつ、しかしギリシャの謎めいたサッカーを見ていると何かが起こる気がしないでもない。開催国ポーランドのゆくえも気になるけど、ここはやはりこっちを見とこう

と思った私エライ!ヽ(´▽`)/

圧倒的に主導権を握ったロシアをのらくらとかわし続け、前半終了間際に一瞬の隙をついてまさかの先制!
後半、ロシアは躍起になって攻めにかかるも、どうしてもゴールが割れない。一方ギリシャは例によって落ちついてるというかのんきというか独特のテンションで試合を進め、なんとそのまま!ロシアに勝っちゃったよ!!(・∀・)

ギリシャ…なんという不思議なチーム。。

実はギリシャは翌日に世界が注目する議会再選挙を控えていて、「自国民に勇気と希望を与えましたね」と実況アナ。ほんと、ミラクルへの希望を与えたというか(笑)よかったね(´▽`)

しかし、再選挙の結果次第ではユーロ経済を破滅させかねないというのに「やったーサッカー勝ったよ~ん」とか言ってるギリシャに、やっぱほかの国はイラッとすんのかなとも思ったりして(爆)

ロシアはねー、慢心がなかったとは言えないと思うのよ。
開催国のいる「易しい」グループで戦前からの楽勝ムードに加え、初戦の快勝ですっかり気が緩んだんじゃないかしら。続くポーランド戦では引き分けに終わるも、まあ相手は開催国だしオマケだオマケ。そんで最終戦のギリシャはここまで1分1敗だろ?負けるわけないし~

とか思ってたんじゃないの?!少なくともサポーターの人たち!

私としてはアルシャビン主将とつかの間の再会になってしまってかなしいわ(;_;)
ずんぐり型ロシア人で(←私しらべでロシア人はずんぐり型と長細型に分けられる)ちっちゃくて顔もかわいいくせになんかいばってて(笑)アーセナルにいたころはほんと好きだったのよ~

代表でもちっちゃくてかわいくてえらそうな主将という、ストイコビッチ以来の私の萌えツボ押しまくりほかのチームメイトがみんなでかくてゴツイのにかわいい主将に黙って指図されてるとこが萌えなの(*´艸`*) ドイツのラーム主将もいい線いってるんだけど、彼はいばってないのでちょっとものたりないの~

えーそれはさておき、もう一方のポーランド(勝ち点2)×チェコ(同3)は豪雨の中での健闘むなしくポーランドが0-1で敗戦。残念ながら開催国の決勝T進出はなりませんでした。

*****

A組最終結果
1.チェコ(勝ち点6) 2.ギリシャ(同4) 3.ロシア(同4) 4.ポーランド(同2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

ユーロ2012 その8

選手入場のときから雨が降っていたウクライナ(勝ち点3)×フランス(同1)
きのうのスペイン×アイルランドも雨だったし、今大会はわりと雨模様だなとか思ってたら、試合開始直後ぐらいからみるみる雨足が強まり、天を裂くような稲妻が走る!

テレビの画面でもわかるぐらいの稲光に、開始後わずか5分で主審のオランダの人が迅速に試合を中断。そこから嵐がおさまるまで、実に1時間近くもの長い待機となったのでした。なんてこと!

とんだハプニングに実況の人たちは大慌てでしたが(←ここは実況席が1階前よりにあって雨がまともにかかったらしい。WOWOWの柄沢アナが「私たちはもうびちょびちょです!」と叫んでて&再開後にも「私たちはびちょびちょのままです!」と恨めしげで笑った)
通路に避難した両国の選手たちが入り混じって話をしてたり、シェフチェンコが素肌になぜか白いシーツ(違)を巻きつけててセクシーだったり、雨に濡れたサポーターの皆さんがやたら楽しそうだったりと、これはこれで楽しかったよ(^∀^)

やがて雷が遠のき雨が小やみになると、サスマタみたいな道具を手にした人たちが出てきてピッチにぐさぐさ突き立てている。何をしてるのかと思ったら、あれで地面に穴をあけて排水させてたらしいです。へーおもしろい( ゚_ゝ゚)

主催者側が「うちの芝生は水はけ最高なんですぐ再開できますよ!」と胸を張ってたのは本当で、試合が始まるころには少なくとも見た感じでは水浮きもなく、ボールのバウンドも問題なし。すごーい(゚Д゚)
今回はどこも芝生がきれいだなと思ってたけど、見た目だけじゃなく性能もよかったのね。やるなウクライナ。

というわけでいろいろあって、試合に戻るもやや緊張感を失った感じ。主に私が。まあよく言えばリラックスできて、フランスもウクライナもよく動いて見ごたえのある試合ではありました。

ウクライナはGKの好セーブもあって前半はゼロゼロで折り返したけど、後半の立ち上がりに立て続けにゴールを奪われる。
地元の大声援に押され、最後までボールを追ったけれど、うーんあれはやっぱ…地力の差かな~。

*****

ドネツクの試合が遅れた影響で、こちらも15分遅れのキックオフとなったスウェーデン(勝ち点0)×イングランド(同1)
確かに、このままだと先の試合が15分ぐらいかぶっちゃう(>_<)と思ってたけど、会場も違うし(こっちはキエフ)そのままやるんだと思ってたらずらしてくれました。親切。←?

前回ガチガチでどうなることかと思ったイングランドですが、とにかく初戦を落とさず乗り切ったということでだいぶ緊張もほぐれた様子。少なくとも今日はふつうのプレミアリーグの試合ぐらいにはなっていました(笑)

きのうピルロがすばらしいとほめたけど、ジェラードのロングフィードの正確さも職人の領域よね(≧∇≦)
なんであそこからあそこまで、しかもピンポイントで合わせられるのか。感心するしかないわ。

合わせた相手はリバプールのチームメイトのキャロルで、イングランドが安堵の先制点!

しかーし。スウェーデンといえばなぜかめっぽうイングランドに強い国で、なんと公式戦ではここ40年ぐらい負けなしなんですよ奥様。

ここぞというところで何度もイングランドの前に立ちはだかってきたイブラヒモビッチ、いえスウェーデンも黙ってません。後半開始直後に追いつくと、その勢いのまま一気に逆転!ああーやばい~ジェラード主将の表情が暗い~(;-ω-)

ここでホジソン監督は間髪入れずウォルコットを投入。これが当たって、直後のふしぎシュートで再びイングランドが2-2の同点に持ち込む!

ああーどうするどうなる?!このまま痛み分けとなるのか、イングランドが呪縛を破るのか、スウェーデンが意地を見せるのか?!

まさにプレミアリーグのようなシンプル&激しい展開の中、再びウォルコットがすばらしいスピードで相手を抜き去り、ウェルベックがアクロバティックなゴールを決めて、ついにイングランドが再逆転!そのまま終了の笛を聞く!

まさか3-2というスコアになるとは思ってなかったけど、プレミアだと思えば納得(笑)
イングランドがようやくいつもやってる自分たちのサッカーを思い出したよ(*´∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

ユーロ2012 その7

イタリア(勝ち点1)×クロアチア(同3)はお互いいいところを出し合う好ゲーム。
今回イタリアがいいのは、自分たちのスタイルを貫いてるところだと思います。相手に合わせて策を弄することなく自分がやるべきことをやる。相手を消すのではなく自分が輝くというのかしら。
結果として、見る者をわくわくさせるいい試合を演出してるんだと思う。

それにしてもピルロはやっぱすごいわ!
見たあのFK?!ジャンプした壁の2人の頭の間を通すなんて信じられない!
タックルされてもリズムも乱さずスルーしたり、ほんとあのひと魔法使いだよ。トップコンディションでさえあれば(笑)

やー今季あんまりセリエ見なかったけど来季はちゃんと見ようかなと思ったぐらいすばらしかったです。

そんな魔法のFKでイタリアが先制し、これは様式美かと思いきや、クロアチアも好調のマンジュキッチのゴールで食い下がる。

すると興奮したクロアチアサポからピッチに発煙筒が!喜びのあまり暴力に走る人たちがここにも((;゚Д゚)))

つか今回ちょっと発煙筒の持ち込みチェックが甘いのでは。この試合ではイタリアのゴール前が煙で真っ白になってしまい、数分間の中断に。せっかくいい試合なのに水を差された格好で、ほんと迷惑よ!

結局、イタリアは2戦連続で先制したのに追いつかれてドロー。
でもでも、今までのイタリアだったら1点取ったらあとはそのまま逃げの一手だったけど、今回は守りに入らず攻撃姿勢を続けてるゆえのことで、そんな悲観的にならなくてもいいと思うの。

それにほら、グループリーグで2分けとか、イタリア的にはべつに珍しくもないし。そんでほかのチームの勝ち点を削っといて、最後に勝って勝ち点5でイチ抜けとか、あるあるですから。むしろこれも様式美(笑)

*****

王者スペイン(勝ち点1)に質実剛健なアイルランド(同0)がどう向かっていくか注目されたもう1試合。チャンピオンズリーグでのバルサ×チェルシーの再現なるかといわれてたけど、レベルの差がありすぎたわ…。

バルサとチェルシーどころか、正直大人と子供ぐらい違ったよ。ずーっとアイルランドのゴール前で試合が進んで、スペインの攻撃練習を見てるようでした。開始4分のトーレスくんの見事な先制弾に始まって、なすすべもなく振り回されるアイルランドが見てて切なかったわ。。

10年ぶりに出てきたビッグイベントで現王者との力の差を思い知らされる。世界のトップはこんなにも進化しているんだということを痛感して、そしてまた奈落の底から一歩を踏み出し成長していくのよ。泣くなアイルランド。

まあ実際にはアイルランドサポは泣いてませんでしたけど。
試合中はさすがの陽気さも鳴りをひそめ、自分たちの代表チームを沈痛な表情で見守っていたけど、4-0で試合も終わりかけたあたりから歌い始め、終了の笛が鳴った後もずっと、緑のサポーターの力強い大合唱がスタジアムを包んでいたのでした。すごい感動的だったよ(;_;)

そしてそして、言わずにいられないトーレスくんの大活躍 (*´艸`*)
先発起用に見事な一発回答の2得点。特に幕開けの1点目には意気を感じたわ!
まだまだ表情は厳しいけど、ゴールの際にはやっと笑顔もチラ見えて、いよいよここからが本番ね!期待してるわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

ユーロ2012 その6

デンマーク(勝ち点3)×ポルトガル(同0)は予選でも同じグループだったそうで、よくわかってる者同士らしくすんなり試合に入っていく。

しかし絶対負けられないのはポルトガルのほう。とくればやっぱりアレが出ます。過剰な演技と反則アピール(-へ-)

昔に比べたらだいぶよくなった気もするけど、ポルトガルはこれがね~。ボールが動いてるのに倒れ込んで、主審が試合をとめるまで起きないようなところがイラッとするのよね(-へ-)イタリアのはせこいわ~と失笑で済むんだけど、ポルトガルはしつこくて試合の雰囲気を壊すのよ。。

まあ私でも知ってるぐらいなので、欧州の人たち、しかも予選でも戦ったデンマークは百も承知、主審のスコットランドの人もちゃんとわかってるので心配は無用。これがW杯で主審がサウジの人だったらデンマークは前半で8人になってたかもしれませんけど(爆)

で、ファウルをとってもらえないと判断するや、アピールはすっぱりやめて転んでもすぐ起き上がるあたりが現金というか(笑)そういう主審を試すようなところもちょっとねえ。。

まあ、この試合では先に2点をリードしたこともあって比較的情緒安定な感じでしたけど(笑)
残り10分で追いつかれてもキレることなく、逆に残り5分で再び突き放す3点目を決めたあたりはむしろすがすがしかったわ(・∀・)そしてロナウドはやっぱりこの大会でも活躍できないようだわ(・∀・)

*****

グループリーグ最大の注目だったオランダ(勝ち点0)×ドイツ(同3)は、まあ予想外というか予想どおりというか…(-_-)

結局こないだとほとんど変わらず、散発的に攻めては外してるうちに隙をつかれて得点されてずるずる負ける。というダメなオランダのままだったよ…(T∀T)しかも今回は2点取られたぜ(T∀T)

もうだめだこれ。寝ようかなと思ったところでファンペルシがやっとゴールを決めて、それはすごくいい形だったんでこれで覚醒するかと思ったけどダメだったよ。。

せめて引き分けに持ち込みたかったけど、改めて、レーブ政権6年目のドイツの完成度の高さは半端ないわ。そしてマリオ・ゴメスがかっこよすぎるわ。。

とはいえ、2敗してもまだ敗退が決定しないのがさすが死の組・B組で、オランダは最後のポルトガル戦に望みをかけるよ!…き、厳しい…。つかもうぶっちゃけ選手たちのほうがやる気失ってそうだよ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧